■プレストレストコンクリート タンク

科学的な視点を持って地下道を造ること、それだけが機動建設工業株式会社の仕事ではありません。タンクを造ったり、橋をかけることも、これからの日本の基盤を築いていくうえで重要な仕事です。弊社は日本におけるPCタンクのパイオニアです。昭和35年、米国プレロード社と提携し、さら昭和46年にはプレキャストパネル方式による独自のPCパネタンクの開発に成功。経済性・耐震性・安全性を高め、すでに数百のPCタンクを構築してきました。今後も配水池をはじめ、サイロ・防災施設・LNG貯蔵施設など、社会のさまざまなニーズに応えていきます。また、最近重要性が見直されている耐震性貯水槽についても、多年にわたり蓄積したプレストレスト・コンクリートの技術を生かし、耐震性・耐水性に優れた各種タンクを築造し、激震地においても多くの実績を有しています。







■プレストレストコンクリート 橋梁

日本の道づくりを応援するのも、機動建設工業株式会社の仕事です。高速道路はいま「縦貫から横断へ」「新設から拡幅へ」と変化のきざしを見せています。そこで注目を集めているのが、軽量で強靭という特徴を持つPC橋梁です。なかでも弊社が独自に開発した『S.P.C.工法』は、鋼トラス桁とプレストレスト・コンクリートの合成構造により、「高品質」「施工の安全・合理化」「工期短縮」「コスト縮減」を実現しました。私たち機動建設工業株式会社は、フレシネー工法・CCL工法・SM工法といった従来工法に独自の技術をプラスし、日本の道に、そして鉄道に、新しい橋を架けていきます。






HOMEに戻る