急曲線用特殊継手
急曲線推進において、アルティミット工法ではセンプラカーブシステムを使用することによって、掘進機が造成した急曲線のトンネル孔に、推進管が追随していきます。しかし、超急曲線の場合には、管の継手部の屈曲が大きくなり、継手部の止水性が確保できなかったり、継手部の大きな屈曲により曲線外側へのせり出しが発生しやすくなるという問題がありました。
 急曲線推進用特殊継手は推進管継手部に設置することにより、継手部の開口箇所を2箇所にし、通常の管開口長の1/2の開口長とすることができます。これにより、小さな屈曲での超急曲線の形成を可能にし、かつ特殊管ではなく推進用ヒューム管で安全に曲線施工ができるようにしました。
急曲線用特殊継手

  ■急曲線用特殊継手の特長

1. ヒューム管で安全に急曲線推進が可能
  曲線区間の推進用ヒューム管の管継手部に特殊継手を配置することによって、屈曲部が2箇所になり安全な開口長で急曲線の形成ができる。
2. 推進管にかかる地盤反力を低減
  急曲線でも継手部の屈曲を小さくでき、曲線外側の地盤反力を小さくできるとともに、特殊継手が反力を受け持つことによって、管への影響を小さくすることができる。
3. 超急曲線施工も可能
  1箇所の継手部に、特殊継手を複数個設置することによって、より超急曲線の推進施工にも対応できます。 
4. 継手部の止水性を確保
  ヒューム管の継手部と同等の水密性能を確保できます。
5. 選択が自由
  本管用、鞘管用と、目的に応じて継手を自由に選択使用できます。

S:開口長   
急曲線用特殊継手の特長
特殊継手未使用時   特殊継手使用時

  管種別施工可能曲線半径はこちら


HOMEに戻る