小口径アルティミット工法泥水方式


小口径アルティミット工法泥水方式

土質 礫含有率N値 最大礫径面板
A土質粘性土 10以下 標準型
砂質土 10%以下 20mm
B土質 砂礫土 40%以下 呼び径の
1/4以下

対応型
C土質 C1粗石混り
砂礫
50%以下 呼び径の
1/3以下
D土質 硬質粘性土 10〜50 標準型
(固結土用)


掘進機からみた可能最小曲線半径
呼び径(mm) 600 700
最小曲線
半径(m)
50
分割発進時は曲線造成できません。



立坑寸法
1.小型発進立坑(呼び径:400〜700mm)の場合
小型発進立坑標準寸法
単位:mm 小型発進立坑
小型発進立坑(ケーシングの場合もある)
小型発進立坑標準寸法(片発進)
呼び径 直径φD 管芯高 H
400〜500 2,500 600
600〜700 3,000 800
小型発進立坑標準寸法(両発進)
呼び径 直径φD 管芯高 H
400〜500 3,000 600
600〜700 3,000 800
両発進の場合、止水器の取付が地山側となり作業性が悪くなるため、以上のように設定。



2.鋼矢板発進立坑の場合
鋼矢板発進立坑標準寸法  両発進の場合も同様とします
単位:mm 鋼矢板発進立坑
呼び径 必要最小寸法(内寸法 B×L) 管芯高 H
400 2,500×5,200 600
450
500
600 3,100×6,000 760
700



3.ライナープレート発進立坑の場合
ライナープレート発進立坑標準寸法  両発進の場合も同様とします
単位:mm ライナープレート発進立坑
呼び径 必要最小寸法(内寸法 B×L) 管芯高 H
400 3,000×5,200 550
450
500
600 3,600×6,400 760
700



4.分割到達立坑の場合
 到達立坑を最小径(呼び径1.2m、2号人孔)で選ばれる場合は、人孔の斜壁を撤去すること、止水器を地山側に取付作業スペースを確保することとします。
分割回収到達立坑標準寸法
単位:mm分割到達立坑
呼び径 直径φD 管芯高 H
400 1,500
(1,200)
575
450 1,500 605
500 630
600 2,200 690
700 2,200 750
( )は、人孔到達の場合です。両到達および人孔到達の場合は別途検討が必要です。



5.鋼矢板到達立坑の場合
鋼矢板到達立坑寸法  両発進の場合も別途検討します
単位:mm鋼矢板到達立坑
呼び径必要最小寸法(内寸法 B×L)管芯高 H
400 1,800×3,400 575
450 605
500 1,900×3,400 630
600 2,200×3,600 690
700 2,200×3,500 750


HOMEに戻る