推進管接続部毎に塑性領域の広い推力伝達材(センプラリング)を設置することで、急曲線でも高い追随性を有するとともに、管の破損を防止します。
また、この技術は(財)下水道新技術推進機構で新技術として認められ(1994年)下水道技術・技術審査証明を取得しています。

センプラカーブシステム

  ■センプラカーブシステムの特長

1. 掘進機の追随性の向上
  曲線区間でも、推進管は掘進機の軌跡に高い追随性を有します。
2. 管端部の破損防止
  曲線区間でも、隣接する推進管が接触せず、管端部に破損が生じません。
3. 目地開口調整が不要
  センプラリングは容易に設置でき、設置後の目地の開口調整作業は必要ありません。

  ■センプラリングの設計フロー


HOMEに戻る