推進工法は従来の開削工法に比べ、道路上の占用が少なく、工事公害の少ない工法として数多く、施工されてきました。しかし、近年は、地下には多くの埋設物が存在し、地上では作業基地の確保が難しくなってきました。このため、推進工法も長距離化・急曲線化が求められ、それらをいかに高精度・低コストで実現出来るか、また周辺環境への配慮も重視されるようになっています。
 アルティミット工法はそうした問題を解決するために登場した究極(Ultimate)の工法です。
近年、下水道整備は大都市から地方都市へ、管径も小口径へのニーズが増大しています。
それらの要望に応えるべく大中口径管での経験・技術と、アルティミット工法のシステムを用いた小口径アルティミット工法を誕生させました。



アルティミット工法




工法の分類(適応管径)



大中口径管
推進工法
密閉型 泥水式
推進工法
アルティミット工法
泥水方式
800〜
3,000mm
土圧式
推進工法
アルティミット工法
土圧方式
1,000〜
3,000mm
小口径管
推進工法
高耐荷力方式 泥水方式
(1工程)
小口径アルティミット工法
泥水方式
400〜
700mm


HOMEに戻る