推進管(主に鉄筋コンクリート管)の先端に掘進機を取り付け、地中を掘削しつつ、後方の油圧ジャッキで文字通り推し進めて、管を埋設する工法です。地面を掘り起こして管を設置する「開削工法」に対して「推進工法」や「シールド工法」は「非開削工法」と呼ばれています。


推進工法イメージ図



 ■ 機動建設工業と推進工法
機動建設工業は、1948年(昭和23年)に日本で初めて兵庫県尼崎市内のJR軌道下にさや管を推進設置した推進工法のパイオニアです。以来半世紀、施工延長世界一の実績と経験を積み重ねております。こうした施工データをもとに、大口径管から小口径管まで、また土質も軟弱地盤から砂礫・岩盤層までの広範囲に対応できる推進技術の改良・開発に努めてまいりました。

機動建設工業と推進工法

推進工法イメージ図:中押し装置使用時
呼び径1000以上では中押工法が使用できます



 ■ 推進工法の種類
機動建設工業は、下表の工法をはじめ、さまざまな工法を有しております。







大中口径管
推進工法
開放型 刃口推進工法  
密閉型 泥水式推進工法 アルティミット工法 泥水方式
他の泥水式工法
土圧式推進工法 アルティミット工法 土圧方式
他の土圧式工法
泥濃式推進工法  
小口径管
推進工法
高耐荷力方式 泥水方式
(1工程)
小口径アルティミット工法 泥水方式
泥土圧方式
(1工程)
小口径アルティミット工法 泥土圧方式
他の
高耐荷力方式
推進工法イメージ図
推進工法イメージ図
低耐荷力方式  
鋼製さや管方式  
特殊推進工法 函渠推進工法
デスリップ・カーテン工法
シールド工法

そのほかにも様々な施工方法に対応しております。




 ■ 施工範囲
推進工法は、下水道整備とともに発展してきましたが、それだけではありません。景観問題にともなう送電線の地中化、IT化に対応した光ファイバ網の整備、ガス・上水道など生活に欠かせないライフライン用の管渠構築。これらもまた、推進工法の得意分野です。
 近年は多くの構造物が地中に埋設され、地中も輻輳しています。機動建設工業ではみなさまの要望にお応えし、さまざまな条件の下で施工を行っております。その中から特徴的な施工事例をご紹介します。


 ■ 施工事例

防爆型推進工法コスト縮減可能な
防爆型推進工法
  急曲線推進工法大深度・大口径管
急曲線推進工法
海底・河川横断長距離推進 海底・河川横断長距離推進   市街密集地の長距離推 市街密集地の長距離推
地中構造物の近接施工
アルティミット工法 アルティミット工法
曲線推進
  小口径アルティミット工法 小口径アルティミット工法
ステーションシステム ステーションシステム
道路占用のない立坑
  省面積立坑推進工法 省面積立坑推進工法
ボックス推進工法 ボックス推進工法   アルティミット工法 アルティミット工法
多曲線推進
アルティミット工法 アルティミット工法
中大口径管推進
     

HOMEに戻る