土圧式推進工法は、土圧式掘進機のチャンバー内に掘削土砂あるいは、掘削土砂と添加材との混練り土砂(泥土)を充満させ、切羽の土圧及び水圧に対抗する圧力を保持することで、切羽の安定を図りつつ掘進する工法です。対抗土圧は、スクリューコンベアの排土量と推進量をバランスさせることにより調整します。

  • 切羽安定の確実性が高いので、土質への適用範囲が広い。
  • 確実に滑材を注入でき、超長距離推進が可能です。
  • 連続した機械掘削で、推進速度が速く、工期を短縮できます。
  • 切羽が密閉されており、作業の安全性が高い。