泥水式推進工法は、泥水式掘進機のチャンバ内を泥水で満たし、泥水圧を加え切羽の安定を図りつつ掘進する工法です。カッタで掘削した土砂を撹拌装置で泥水流として坑外に搬送し、坑外のプラントで土砂と泥水に分離、泥水は再び切羽に環流され、連続した掘進が出来ます。

  • 切羽安定の確実性が高いので、土質への適用範囲が広い。
  • 確実に滑材を注入でき、超長距離推進が可能です。
  • 掘削土が流体輸送されるので、坑内運搬等の危険作業が少なく、施工性に優れています。
  • 連続した機械掘削で、推進速度が速く、工期を短縮できます。
泥水式推進工法



HOMEに戻る