アースドレーン工法(液状化抑制対策工法)

 液状化とは、普段は地下水を含んでいてもしっかりしている地盤が、地震などで「液体状」になる現象です。




液状化説明図:地震前  地盤は土と水、空気からできています。

 地盤の下は通常地下水で満たされており、砂粒と砂粒の間も水で満たされています。

 普段砂粒同士はどこかで接していて、お互いに支えあっています。

 そのため地盤は安定しており、建造物をしっかり支えることができるのです。






液状化説明図:地震時  地震の振動を受けると、砂粒の間にあった水の圧力が高まり、砂粒同士の結びつきが弱められ、ついにはこの結びつきが離れてしまいます。

 そうして砂粒はバラバラになり、水中に浮遊するようになります。

 これが「液状化」した状態です。

 この状態では、地盤は建物を支えることができなくなります。






液状化説明図:地震後  地震が終わりしばらくすると、水中に浮遊していた砂粒が沈降し、一方、水は上層に分離して砂と一緒に地面から噴出します(噴砂)。

 沈降した砂粒同士は再びお互いに接点をもち、砂粒同士が支え合うようになります。


 アースドレーン工法は、透水性の高いドレーンをドレーン打設機にて地盤に埋設し、ドレーンにより地盤の排水性を高め、地震時に発生する過剰間隙水圧を消散させ、液状化を抑制する工法です。



未対策
未対策
浮き上がったマンホール 路面が陥没した管路部
浮き上がったマンホール 路面が陥没した管路部



対策済
対策済
ドレーン設置マンホール ドレーン設置管路部
ドレーン設置マンホール ドレーン設置管路部


1号丸人孔2号丸人孔特殊角人孔
1号丸人孔 2号丸人孔 特殊角人孔



新設排水函家屋イメージ図管 路
新設排水函 家屋イメージ図 管   路





    アースドレーン工法協会ホームページへ  http://www.earthdrain.jp/

HOMEに戻る